なすのめぐみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏山合宿・間の岳〜北岳縦走・その2

<<   作成日時 : 2016/08/05 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目、両俣小屋〜間の岳〜北岳山荘

早朝4時からの朝食を済ませ、4:50に山小屋から登山開始した。
少し空気が薄いと感じた。直ぐに林の中の急坂。
朝の寒さに備えて長袖を1枚重ね着していたが、直ぐに汗びっしょり。
途中でお着換えと給水の小休憩を取ってもらい、半そで1枚にした。

登り始めて1時間掛かり野呂川越の稜線に行き着く。補水のため小休憩。
画像

ここで標高は2300m。ここからは未知の高さの体験になる。
稜線のアップダウンを繰り返しながら進み続ける。

イチヤクソウ
画像


ゴゼンタチバナ
画像


北岳が見えてきた
画像


2時間くらい歩いた頃から息切れがひどく、足も重たくなってきた。
数回の補水タイムを取ってもらったが、皆の歩きに付いていけない。
皆には先に三峰岳に先に登ってもらい、自分は遅れて歩くことになった。
CLの海津さん、SLの伊藤さんが付き添ってくれ、歩幅を小さく、重心を
足にかけてとアドバイスしてくれる。

皆が三峰岳山頂で楽しむのが見えた頃に、やっと稜線に辿り着き、何度目かの
小休憩。
画像

頂上から降りてきた皆が塩飴や梅干しなどで元気を付けてくれた。

ここから目指す間の岳(3189m)は日本で3番目に高い山。
少し元気になって歩き始めたが、長続きしない。息はゼイゼイ、足はノロノロ。
薄井さんに支援されて12時少し前に、皆に少し遅れて到着。
画像


昼食タイムは20分くらい。周りには仙丈ケ岳、木曽駒ヶ岳などの中央アルプス
反対側に農取岳、富士山が望め、来て良かったとシミジミ・・・

ここからお花畑が続いている。
イワギキョウ
画像


画像

画像


ヨツバシオガマ
画像

ミヤマキンポウゲ
画像


ウサギギク
画像

シコタンソウ
画像

シラネヒゴダイ
画像

ヤマオダマキ
画像

画像


タカツメグサ
画像

など綺麗な花ばっかり、他にも無数に咲き乱れている。
疲れ果てていて、デジカメのピントが合わないままでシャッターを押した。殆どがピンボケ
だけど仕方ないよ。
イワツメグサ
画像


ミヤマクワガタ
画像

画像


イワベンケイ
画像

ジャコウソウ
画像



北岳山荘に向かって下って居る筈なのに、中白根山(3055m)などのアップダウンに苦しむ。
画像


トウヤクリンドウ
画像

13:40頃歩道沿いのハイマツ近くにライチョウのひなが2羽歩いており、更に下ると
親鳥にも出会えた。デジカメには上手く映らなかったけど、見られて感激した。

14:20、山荘に着いた。昨夜よりも大きな宿で、診療所も整っていた。
入り口に「本日は一枚の布団に3人」と表示が有り、不安になる。
私たちの寝る場所は部屋の一番手前の1列を指定された。
もう一つのコースを上がって来た3名と合流し、11名で7つの布団に寝ることになった。

荷物を置いて食堂に移動。止めればいいのに生ビールを頼んで、今夜も乾杯。
この時だけは息を吹き返す。
夕食の時間は5:10〜30分と決められていた。ここでも缶ビール。
そして屋外に出て、少し残っていた昨日のお酒をみんなで分け合った。
寒くなったので部屋に戻り、横になる。

宿の方の好意で私たちの区画1列全部と、布団を置いてあったスペースを使える
事になり11人で分け合い、かなり楽に寝られるようになった。
寝付こうとしたが隣の列の外人がうるさい。結局はこの夜もウツラウツラで夜が更けて・・・

大きな部屋にはパック旅行と見られる客で超満員。夜中には廊下で寝ている人も
たくさんいた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏山合宿・間の岳〜北岳縦走・その2 なすのめぐみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる