なすのめぐみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 始まりは花瓶山

<<   作成日時 : 2017/04/07 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黒羽山の会の人達が「4月初めは花瓶山にカタクリとイワウチワが咲く」と
聞いていた。
先週末は休日なのに引っ越し受け入れでパニック。
だから、昨日(6日)昼食後に花には少し遅いかなと思いつつ
バッチャンに仕事を頼んで自分はサボリで出かけてみた。

昨年の夏に試しに登り、ヤブコキで迷った挙句にイワウチワの群落を見つけたが
同じ場所には行けそうにない。

12時10分、自宅を出て、車止めのうつぼ沢に12:55着。
画像

今回は左側、直進の林道に入った。標識には3Kの表示が有った。
1時間くらいで着くのかなと思いつつ林道を進む。
右側の沢に掛かる砂防ダムに小さな滝が有った。
画像

林道の道端には冬場に伐採した杉の間伐材が積み上げてある。乾燥中かも・・・
画像

40分近く歩いて、林道から分岐する。
道標に「黒羽山の会」表示が有る。
画像

直ぐに登山口。花瓶沢(ハナカメサー)と表示??
画像

ここからは杉林を登り始め、久しぶりの山で、息が切れてくる。
20分近くで尾根に出た。向う奥に八溝山が微かに見える。
画像

更に登ると直ぐに山頂(692m)、スタートから凡そ1時間。
雑木林の中に標識が有った。
山の会のメンバー(おそらく和知さんたち)が標識や下草刈りをやってくれた
直後のようであった。
画像

来た道を引き返しても花が見えないため、標識に従い
向山経由で下ることにする。

下り始めて直ぐのユニークな真新しい標識。
「山頂 こっちじゃないよ」と
画像

スタート地点のうつぼ沢表示が出て来た。
画像

花を探して歩く。カタクリの葉が出て来たが、花が見えない。
未だ蕾が固い様子。
画像

道端にカタクリの群落が続くが、花は未だまだの様子。
画像

立ち枯れの巨木に猿の腰掛。
画像

巨木を見上げる、立派なものだ。
画像

何時まで経ってもイワウチワが出てこない。
山の会の薄井さんに場所を聞こうとTEL。
平日の14時ごろに遊んでいるのは自分だけ、出るわけがないだろう。

30年ぶりくらいかな?自然の春蘭を見つけた。花を付けている。
画像

尾根伝いに境界杭と道標が目立つ。茨城との県境かも・・・
画像

そして、見つけました。イワウチワの群落。でも、花が見えない。
画像

この辺りから、伐採された後の道と登山道のあちこちに
ピンクのリボンが増えて来て、方向が分かりにくくなる。
登山道らしき方向に進むと向山山頂(548m)。
画像

下り始めて、材木を運ぶ林道に出たので、リボンを見ながら下る。

途中の土手に板状の石(節理と言うのかな?)が見えた。
もうすぐ「うつぼ沢」。ところが、ここに向山・花瓶山の標識。

随分遠回りして来たような気がして、ザンネン。

16時、駐車場所に到着。凡そ3時間の山歩き。
着ている物は久しぶりに汗びっしょり。
冬場にため込んだ腹の脂肪が少しは取れたかと期待。

トリップメーターをリセットして帰途に就く。
16:44 自宅に到着、15.5K。

花の時期には早すぎたので、来週当たりにもう一度かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
始まりは花瓶山 なすのめぐみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる