なすのめぐみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏山(田代山・帝釈山)

<<   作成日時 : 2016/08/22 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山の会、8月は栃木県栗山地区と福島県の南会津・桧枝岐にまたがる
田代山から帝釈山への山歩き。帝釈山は日本二百名山、どちらも栃木百名山。

先日、北岳の山行では会の皆に支えてもらって、やっと動いただけに
体力が心配。でも登ってみない事には・・・と思い、参加した。

田代山は20年位前、種々滅入って居た頃に登った記憶は有るが
思っていたよりも急登の階段だった。その頃の記憶が皆無・・・。

7:40 スタートした。メンバーは12人。並んでゆっくりと登る。
木道が始まり、視界が開けた所が小田代。
湿原に草紅葉が始まっていた。小休止の後で進む。

画像


途中の坂から振り返ると、矢板の高原山、日光の男体山、女峰山などが
綺麗に見える。疲れていて、皆に付いて行くので精一杯。
デジカメで止まる余裕なし。
今回は山に登った証拠写真だけになりそう。

高層湿原の田代山(1926m)、ここで集合写真。
画像

会津駒や三岩が見える筈なのに、山頂は雲で。

ここからは田代山組の4人を山小屋に残して、下り始める。
帝釈山に登るのに下って行くのは勿体ないと思いながら
急な坂を下る。
稜線を少し進んだ後は、今度は急な岩場を登って行く。
同じ所を帰って来るんだと思いながら、頂上に着いた。

帝釈山山頂(2060m)
画像


田代湿原の花はキンコウカが末期。
今回は花が少なかった。気が付いた花だけ。

登山口付近でキツリフネ
画像


小田代の木道脇、エゾリンドウ
画像


同じくイワショウブ
画像


田代山の木道脇に一輪だけチングルマ
画像


今回は目的の山に行けるかどうかの確信を持つためだった。
何とか自力で登り、帰って来ただけで充分だった。

登山口近くの沢には岩魚の影が有った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏山(田代山・帝釈山) なすのめぐみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる