なすのめぐみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞牆山へ

<<   作成日時 : 2017/10/22 10:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

黒羽山の会の秋は「瑞牆山・金峰山を1泊して歩く予定だった。
しかしながら、台風21号がいらっしゃるため瑞牆山に日帰りで
登る事になった。PCで山の写真は見るけど、どんな山道か想像できず
何時もの通り、不安を抱え、皆の後にくっついて行くことにした。

昨日、AM.4時に9人のグループで野崎を出発。8時近くに
駐車場の有る瑞牆山自然公園に着いた。
ここから登る山が見えるらしいが残念ながらガスで見えない。
今回も雨で霧の中かと不安になった。
何せ、今年は5月の常念岳は大雨予想で中止、
         7月末の笠ヶ岳は雨と霧で何も見えず
         8月の谷川岳もガスでほとんど視界が利かない
         9月の那須C/C三本槍は強風とガスで赤面山に変更
唯一、9月の尾瀬ハイキングだけが好天気に恵まれた。
画像

それでも皆で出発する。林道を進むと紅葉の盛り。
お日様が出ていると、もっと鮮やかだろうと思う。
画像

右手に大きな1枚岩が出て来た。瑞牆山は岩だらけの山だったと
初めて知った。でも、この後岩山で苦労することは予想していなかった。
画像

1時間半位歩いて不動滝。上の方は紅葉。落差がすごい。
画像

この後、木の根っこと大きな岩、急な坂で泣かされた。
特に2000mを超えると体力が停滞する自分を知っている伊藤さんが
2000mを越えたよと、わざわざ教えてくれた。
これに身体が反応し、息はゼイゼイ、足はおぼつかない、何時ものパターンに
陥った。生き絶え絶えに皆に付いて行き、お昼に頂上。ここでお昼。

山頂には山梨百名山の表示が・・・
画像

こちらには日本百名山になっている。
画像

山頂からの眺め、岩と紅葉のコラボ。ファインダーの右上にある自分の指が邪魔。
画像

有名な大ヤスリ岩、足元は目が眩み近づけない。
画像

雲海の向うに微かに山が見えるけど、名前は分かりません。
画像

帰途、富士見平小屋への下山。岩がゴロゴロ、鎖に梯子。もう大変。
途中の桃太郎岩。誰かがぱっくりと割ってくれたらしい。
画像


富士見平小屋を過ぎ、そして少しの間だけガスが晴れて、
瑞牆山の全容が初めて姿を現した。
画像

これまでガスに苦しめられていたので、幸せな気持ち、苦労して登ったご褒美かな?
そして15:30 瑞牆山荘に到着。ホッと一安心。
画像


たかねの湯で汗を流し、横川SAで夕食を取り、9時半近くに野崎に到着。
早朝から遅くまで運転してくれた伊藤さん、荒木さん、お疲れ様でした。
また、初心者の自分を百名山に連れて行ってくれた山の会の皆さん
ありがとうございました。思い出が一つ増えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑞牆山へ なすのめぐみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる