なすのめぐみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 待望のヒラメ

<<   作成日時 : 2017/11/26 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

11月25日、朝6時すぎに出船。
今回の乗客は8人と大人数。近くには久しぶりのKさんと
常連の小野さん、他の5人は初対面。
凍るような寒さの中を一路東へ進む。
やがて周りが明るくなり、ご来光。
画像

30分位走り、第1投目を投下。すると直ぐにゴツゴツと引き始めた。
上がって来たのは尺位のアイナメ。幸先が良いと思ったのは
この時だけで、後は食い渋り。小振りなメバルとソイが上がる。

前回の失敗を繰り返さないように下針のハリスを4号にしていた。
これを途中で3号の少し細い仕掛けに交換。

10時近く、ゴツゴツという感触で合わせるとガンガンと引く。
直ぐに軽くなったため「又も抜けた」とボヤキながらリールを巻いて
いると、途中からグングン引き初め、重い。未だ付いていた。
ばらさない様に慎重にやり取り。見えてきたのはヒラメ。
大声で「タモ」と助けを呼んだ。掬ってもらった。良い型。
周りの人が「口に手を入れると指が切られるぞ」と教えてくれる。
プライヤーで口を挟み。仕掛けを外した。
Kさんがデジカメで撮ってくれた。
画像

この後は沖上がりの13時まで粘ったがほとんど当たりなし。
周りの釣り人も型を見た程度か?、港に返って来た。

昨年の今頃、帰り道に国道461号線、花貫渓谷を抜けようとした。
ところが紅葉見物の渋滞に捕まり、イライラが続いた。
このため今回は国道289号線経由で帰って来た。
所々で工事区間は有ったが、難なくクリア。無事に帰宅。

そして釣果測定。
ヒラメは長さ68p、重さ3sの肉厚。
画像

他にソイ:4、メバル:3、アイナメ:1の貧果。

一度きりの萌え萌えだったが満足。

船上で、小野さんが「お刺身は一夜置いてから」と言うので
今朝、捌いてもらった。

朝からヒラメのエンガワのお刺身は格別。
そしてリールや竿、Boxなどの後片付け。

今回も思い出に残る1日で有った。神様とお魚に感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
待望のヒラメ なすのめぐみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる